単純計算の効果

 

脳を活発に動かすためには、単純計算を毎日繰り返し行うことが大切であるといわれています。脳というのは、実は難しい問題を解けば活性化されると思っている人が多いと思いますが、実際にはその逆で、簡単な問題を解いている方が、活性化されやすいといわれています。簡単な問題の方がスピードをつけて解くことができるので、感覚神経や小脳などもトレーニングになっているからだそうです。脳を活発に動かすということは、色々な面で役に立ちますから、毎日単純計算を解くことで、それだけで脳のトレーニングができていることになります。
では毎日の生活の中で、具体的にはどんな脳のトレーニングをすればいいのでしょうか。単純計算と言っても何をやればいいのかわからない人もいると思います。たった5分でいいので簡単なドリルや計算問題をするだけでいいとのことです。
算数の計算問題に限らず、他にも感じの書きとりをするという方法も、脳の活性化につながるといわれています。感じを書くときは、聞き手を動かすことから、運動性や感覚性なども養われて活発になります。
一番いい方法としては、計算問題と感じの書きとりを、毎日数分でもいいので繰り返して行うことが一番の方法です。これをするだけで、本当にびっくりするくらいに頭の中が活性化されて、頭の回転が速くなります。
わざわざドリルを買ったり、漢字の書き取りノートを出してきて行うのが面倒な人は、DSの脳トレなどのソフトを使うのがお勧めです。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク